モノポリーブログとは

このブログではモノポリーの初級者~中級者を対象に戦術・戦略等について述べていきます。
この記事があなたの勝利の一助になれば幸いです。


●おすすめ記事(2021.6.2 リンク修正)
モノポリー講座(動画)
モノポリーテクニック集(動画)
モノポリーデータ集

・(2021.3.16更新)pogo.comのオンラインモノポリーは、2020年末のflash playerのサポート終了によりサービスを終了した模様です。参考のため記事は残しておきます。

当ブログに対するお問い合わせ等はこちらへ。
記事についてのご意見・ご感想はその記事に対してコメントして下さい。
(2012.8.5追記 コメントを承認制にしました。承認されるまでコメントは公開されません。また、公開を希望されない方はその旨を記載してください。)

モノポリーの駒の入れ替え投票

 


先月からハズブロのサイトでモノポリーの駒を入れ替える投票が行われています。
今回の投票は過去に使用されていた駒と現在使われている駒を1つ入れ替えるというものですが、これが正式なものか一時的なものかは分かりません。

 

https://www.monopolytokenvote.com/en-us

投票の方法ですが、最初に過去に使用されていた駒から復活させたい駒の候補を1つ選び、次に現在使われている駒から入れ替えたい駒を1つ選びます。
最後に投票内容を確認して決定します。


●復活する駒の候補
・手押し車
・指貫
・アイロン
・馬(と騎手)
・靴
・ドル袋

●現在使用されている駒
・犬
・猫
・戦艦
・ペンギン
・ラバーダック
・帽子
Tレックス
・車

つぶやきに勝手に答えてみる(19)

 

モノポリーに投了がない理由としては支払いが不可能になるまでは負けではないためです。
このため、他のプレーヤーから救済の条件が提示された場合は他に対抗する条件がない限りは応じる義務があり、自ら破産を選択することはできません。

 

負債を抱えたプレーヤーは可能な限り破産を回避する義務があるためです。また債権者は他のプレーヤーから負債を解消する提案がなされた場合はこれを拒否して破産することはできません。

 

 

モノポリー85周年記念版ですね。
85周年記念版は2種類あり、いずれも日本未発売です。
こちらのボードはスワロフスキーのクリスタルなどを多数使用しており非常に高価です。

 

数少ない限定発売の日本語版ボードです。
価格は11000円です。

 

「第10回世界チャンピオン大会記念限定品」のシールがあるのは1998年にアメリカで発売された「モノポリーデラックスエディション」です。(エポック社のデラックスモノポリーとは異なります。)
こちらは英語版と日本語版の両方が存在します。駒が金色になっており、時期によってはドル袋の駒が入っているものもあります。

 

 

延々と周回を続けた状態から交渉を始めても場に現金があふれている上に十分なレンタル料を取れない程度の家の軒数で家止め状態になるため膠着状態になってしまいます。
このような状態を避けるためにも交渉は積極的に行うか1ゲームの時間制限を設けるのが妥当でしょう。

 

権利書を紛失した場合は同じ色の権利書を厚紙にコピーして地名やレンタル料を書き換えるか、コピーした物を厚紙に貼り付けるといったことで代用可能です。

 

これは逆です。ハウスルールの多くは場の現金量が増えてインフレになるため、ゲームのバランスが崩れてしまいます。

 

待つ、待たないの問題ではなく、交渉が終わった後にさらに交渉したり家を建てたりすることがあるため、これらを無視して先に進めることはできません。

 

日本では2008年発売のボードからダークパープルはブラウンに変更されています。
あと、この画像の家とホテルの建て方はルールを無視しています。

 

定価の半額未満で買うと利ざやが発生しますので競売になった権利書の価格が10ドル(一般的な競売のルールは最低価格を10ドルとし、以降10ドル単位で入札)であっても誰も買わないということはないでしょう。
ただ、誰も買わないという結果が絶対にありえないことはなく、一例としては全員の所持金が10ドル未満かつ所有している権利書がホテルの建っている権利書以外すべて抵当という状況です。

もし、この状況で競売になった権利書を10ドルで落札した場合は支払いで数ドルの現金が足りないということになりますが、ホテルの売却については任意による売却に該当しますので、現金を調達するためには同じカラーグループのホテルを全て売却しなければなりません(レンタル料や税金の支払いであればホテル1軒だけ売却することも可能です)。
このため、購入することがかえって不利益になるので、誰も買わないということが起こりえます。

このように誰も入札しない場合は競売は成立しなかったものとしてよいでしょう。

2022年3月のモノポリー界の出来事

・2021年度モノポリー日本選手権の九州地区大会と東北地区大会の開催見送り発表
日程の都合によるもので事実上の中止です。

ドネーション型ラストチャンス大会開催
20日に開催されました。

・2021年度モノポリー日本選手権全国大会開催
21日に開催されました。

2021年度モノポリー日本選手権全国大会出場者一覧と考察

(2022.4.1更新)

今月20日ドネーション型ラストチャンス大会、21日に2021年度モノポリー日本選手権全国大会が開催されることが発表されています。

なお、地区大会のうち九州地区と東北地区は開催見送りとなりました。
来年度は見送りとなった地区の枠を増やすといった措置を取ってもらいたいものです。

 

2021年度モノポリー日本選手権全国大会出場者  

※敬称略、カッコ内は独自調べの出場回数
●シード枠
昨年度全国大会上位(優勝)   日向正嗣 (2)  
世界選手権優勝(第8回)(永久シード)  百田郁夫(30)
世界選手権優勝(第11回)(永久シード)  岡田豊(24)

第34回名人戦個人優勝           福田諭史(2)
第27回会長杯優勝            日向正嗣☆ (2)  
       

●地区大会
北海道                    舘田智(8)                                                                              
東北            【開催見送り】 
関東                       樋口一(初)                                  
  (全国大会未出場者枠)  横山朝樹(初)                                             
東海             辻本卓(15)  
   (全国大会未出場者枠)  日向駿輔(初)           
北陸                         関場智彦(9)                                                
近畿               清原哲也(2)              
    (全国大会未出場者枠) 秋山亮輔(初)              
九州                      【開催見送り】 


ドネーション型ラストチャンス大会  
ラストチャンス大会 工藤美知雄(3)
          塩谷真弓(3)
          今井清嗣(18)
          金谷衛(16)
          小浅英明(5)
             

リザーブ枠(全国大会予選3回戦からの出場枠)  石田享(6)
                       岡田要(5)
                                                   
           
※○はダイスでGO!による出場決定者
☆は重複


今大会の出場者数は20名、うち大会初出場者が4名となっています。
全国大会出場回数が10回を超えている出場者は3名(永久シード者除く)です。

ラストチャンス大会からの出場枠が例年の3から5に増えたことで例年並みの出場者数となりました。

2022年2月のモノポリー界の出来事

特にありませんでした。

 

なお、2021年度のモノポリー日本選手権ですが、地区大会のうち九州地区と東北地区がまだ開催されていません。
新型コロナウイルスの情勢次第だと思われますが、3月中には大会の開催告知を含め何らかの動きがあるのではないでしょうか。