読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノポリーブログとは

このブログではモノポリーの初級者~中級者を対象に戦術・戦略等について述べていきます。
この記事があなたの勝利の一助になれば幸いです。


おすすめ記事
モノポリー講座(動画)
モノポリーテクニック集(動画)
モノポリーデータ集
オンラインモノポリー(最終更新2014.11.19)
(2013.10.8追記)使用するブラウザや環境によってはゲームの動作が重くなり制限時間内に行動できないことがあります。個人的にはfirefoxを推奨します。
(2013.10.29追記)日本語でのチャット方法に関する項目を追加しました。
(2014.11.19追記) 独自ルールの部屋の記述を追加しました。

当ブログに対するお問い合わせ等はこちらへ。
記事についてのご意見・ご感想はその記事に対してコメントして下さい。
(2012.8.5追記 コメントを承認制にしました。承認されるまでコメントは公開されません。また、公開を希望されない方はその旨を記載してください。)

2017年1月のモノポリー界の出来事

出来事

大阪環状線モノポリー1周年記念大会開催
8日に開催されました。

 

・次世代のモノポリーの駒を決める投票
駒の候補の中には「MONOPOLY MADNESS」という名前ですでに発売済みのボードに使用されている金色の駒も含まれていたようです。

次世代のモノポリーの駒を決める投票開始

ボード関連

モノポリー、次世代の「コマ」をファン投票で決定へ(ロイター)

http://jp.reuters.com/article/monopoly-idJPKBN14V0S1
モノポリーの新たな駒を決定するWeb投票開催 2013年には不人気だったアイロンがリストラの憂き目に……(ねとらぼ)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/11/news093.html


モノポリーの発売元であるハスブロが次世代のモノポリーの駒を決めるファン投票を開始しています。
なお、この投票結果はこれから発売されるモノポリーの駒との永続的な入れ替えになるのかについては不明です。
投票は以下のサイトで行われており、画面に表示されている駒から8個をクリックして投票します。

 

○投票サイト(音が出ます)

www.votemonopoly.com


今回の投票可能な候補は以下の通りです。
●従来の駒 
指貫、軍艦、靴、帽子、猫、車、犬、手押し車

●新候補
スクーター、サングラス、馬(騎手なし)、車輪、携帯電話(初期)、鍵、ハッシュタグ(#)
タイプライター、マネークリップ、ジェットスキー、救命浮き輪、サーフボード、帆船、火(薪つき)、ティラノサウルス、テレビ(ダイヤル式)
パソコン、トランペット、蓄音機、飛行機
ビーチボール、ローラースケート、自転車、オートバイ、ヘリコプター、カメラ
モンスタートラック、レースカー(スポーツカー)、シティボート、リクガメ、レースカー(フォーミュラカー)、腕時計、カフスボタン、ウインクする顔の絵文字、ダイヤル式電話機
サムズアップする絵文字、カウボーイハット、蝶ネクタイ、ウサギ型スリッパ、カウボーイブーツ、テニスシューズ、靴(新デザイン)、ビーチサンダル、長靴、懐中時計
ラバー・ダック(アヒルのおもちゃ)、バスタブ、ペンギン、食パン、ミスターモノポリーの絵文字、魚
笑顔の絵文字、キスをする顔の絵文字、ウサギ、笑い泣きする顔の絵文字、雄鶏(オスのニワトリ)


投票可能な期間は1月31日まで、投票結果は3月19日発表予定だそうです。

2016年12月のモノポリー界の出来事

出来事

大阪環状線モノポリー1周年記念大会開催発表
2017年1月8日に大阪府大阪市で開催されます。

国会の委員会でモノポリーが紹介される(続報)

その他

先月、国会の委員会でモノポリーが紹介される ということがありましたが、その議事録が公開されています。

 

財政金融委員会会議録メイン画面 (平成28年11月17日 第4号、参議院)


なお、上記のURLは登録期間が経過すると見られなくなりますのでその時は国会会議録検索システムをご利用ください。

2016年11月のモノポリー界の出来事

出来事

モノポリー日本選手権奈良地区大会開催
5日に開催されました。
モノポリー日本選手権全国大会開催
6日に開催されました。

国会の委員会でモノポリーが紹介される

その他

11月17日に行われた参議院の財政金融委員会で古賀之士議員が金融教育に関する質問を行いましたが、その例としてモノポリーや人生ゲームを挙げ、モノポリーについては実物のボードを持ち込んで紹介していました。

 

 古賀議員のモノポリー日本選手権の九州地区大会での優勝経験については越智隆雄内閣府副大臣の答弁の中でも触れられていました。

なお、上記のツイートにある「マスターモノポリー」については以下の3点の画像からも分かります。

f:id:monopo:20161117221909j:plain


古賀議員(画像中央)のマイクの右横にある黒いものは折りたたんだボードの裏面です。マスターモノポリーの裏面は黒です。

 

f:id:monopo:20161117221946j:plain

f:id:monopo:20161117222001j:plain

ボードを広げる古賀議員。マスターモノポリーのボードは六つ折りです。

 

この後の麻生太郎財務大臣の答弁でもモノポリーについて触れており、自分が子供の頃はイギリス版のボードであり、一番高い所はBond Streetだったと記憶していると述べています。(なお、イギリス版における最も高い土地はMayfair[400ポンド]です。Bond Street[320ポンド]はアトランティックシティ版におけるペンシルバニア通り[320ドル]に相当し、グリーンの中では最も高い土地になります。)

 

余談ですが、国会会議録検索システムで調べた結果によりますと、今回のように国会の委員会でゲームとしてのモノポリーが踏み込んで言及されたことはないのですが、1975年の衆議院の商工委員会において林義郎議員が『アンチモノポリー』を持ち込んで紹介したことがありました。