読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012年のモノポリー名人戦を解説してみる(3)


※今回の解説範囲は30分20秒から54分25秒までです。

 

家が建ってから次のターンもグリーンを通過、刑務所に入るなどで誰も家のある土地に止まりませんでした。

 

(32;50)柴田さんが行燈(公共会社)に止まりますが、競売にかけ、大木さんが150両で落札しました。大木さんが公共会社を独占です。

 

(33:10)末村さん(レッドから4マス手前)の振り番で、山本さんと増田さんの交渉が行われましたが、各人がレッドの手前、かつ3人1色という状態なのでまとまりませんでした。

 

(36:30)山本さんがブラウンの函館を購入し、桂浜を持つ大木さんと交渉します。

交渉の結果、山本さんが鞍馬山(イエロー)+100両、大木さんが函館を手に入れブラウン独占です。

 

(38:00)中原さんが3枚目のイエロー(屋島)を購入しました。これで3人2色となり一歩前進です。

将来的には現金を持っている大木さんも交渉に参加すると考えると4人3色+乗り物ですのでかなりまとまりやすくなってきました。

 

(39:00)レッド手前にいる柴田さんの振り番で、山本さんと増田さんによる交渉です。

権利書の状態は以下の通りです。

f:id:monopo:20130125213317j:plain

 

(40:37)まずは山本さんが増田さんに2枚目のイエローを渡し、代わりに端切れのライトパープルとオレンジ+50両を受け取ります。

ただし、これは中原さんがイエローの交渉に応じるか否かで状況が変わるため、権利書が元に戻る可能性を含めた交渉です。

結局、増田さんは中原さんとのイエローの交渉がまとまらなかったため、交渉を再度行い元の状況に戻しました。(権利書を同じ価格で買い戻す行為はルール上問題ありません。)

 

(42:25)増田さんと中原さんの交渉が再び行われ、増田さんがイエローの2枚目、中原さんがレッドの2枚目を手に入れる権利書交換となりました。

さらに増田さんは山本さんと交渉を行いますが、増田さんがイエローを揃えた場合にいくら現金を残すかで折り合いがつきませんでした。

 

(46:00)山本さんと中原さんとの交渉はどちらがレッドを揃えるかということですが、山本さんが750ドル残し(家5軒分)の状態でレッド独占、中原さんがライトブルーとイエロー+379両を手に入れました。

山本さんがレッドに家を5軒建てました。(1-2-2) 客は3人です。

次の振り番である柴田さんは現金をほとんど持っていないので、レッドまたは乗り物に止まった時点で家を売るか抵当のライトブルーを売るかの選択を迫られることになります。

なお、ライトブルーは中原さんが2枚持っています。

 

(46:00)続いて増田さんが中原さんのイエローを買う交渉を提案します。柴田さんの駒位置からイエローは11マスと離れていますが、1投レベルでもレッドを通過してイエローに止まる可能性が5.5%ほどありますし、もしレッド、イエローと続けて止まれば確実にダークブルーの家が減ります。

どちらもイエローの経営をやりたい状況ですが、増田さんがレッドの手前にいることもあり、交渉は保留されました。

 

(47:33)柴田さんの出目は9。川中島の家1軒は90両です。ここで柴田さんはライトブルーを売る決断をしました。

抵当に入っているライトブルーですが、3枚目ということもあり、それなりの価値があります。

 

また、盤面を見るとグリーンを持つ末村さんはダークブルーの手前です。

ダークブルーの彦根は家2軒で500両ですが、末村さんが止まっても決定的な打撃にはなりません。

 

(50:31)このため、中原さんが柴田さんのライトブルーを買い取ることで家の建設支援も行うことにしました。

中原さんが抵当のライトブルー(ライトブルー独占)を、柴田さんがライトパープル+300両を手に入れました。

 

(50:52)柴田さんがダークブルーに家を1軒増築(3-3)しました。

 

(51:12)家の在庫は残り14軒ですが、ここで複数の購入希望者(末村さん・大木さん・中原さん)が出て調整がつかなかったため競売となります。

(51:49)最初の1軒目は末村さんが購入しました。(3-2-3)

 

(52:35)残り13軒も全て競売になるかと思われましたが、大木さんが先に家8軒を建設、さらにホテル1軒(4-H)の形にすることで競売を回避しました。

ブラウンの(4-H)は家4軒を消費しつつ、ホテルの450両が狙えるという攻守兼用の形です。

 

(53:06)家の在庫が残り9軒になりましたが、中原さんはライトブルーに家を建てず、ひとまず増田さんと交渉することを選びました。

中原さんが提案したのは900両残し(イエロー家6軒相当)で手持ちのライトブルー3枚と増田さんのイエロー2枚を交換する条件でしたが決裂しました。

(54:17)中原さんがライトブルーに家を9軒建てました。(3-3-3)

客は1人です。これで家止めとなりました。

f:id:monopo:20130125213451j:plain