読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家の価格差を利用した家止め

テクニック

家の競売になったとき、2か所のカラーグループを持つプレーヤーは、1か所のみの相手に対して家の価格差を利用して優位に立てる場合があります。

例1
A ライトパープル グリーン  
B オレンジ           

解説
AとBの間で家の競売になった場合、常に200ドルまで提示することができるAが優位です。
Aは家の競売価格が100〜190ドルまでの場合はオレンジに建て、200ドル以上ではオレンジまたはグリーンに建てるというように競売のルール内で損をしない建て方ができます。


例2
A ダークパープル ライトパープル
B レッド

解説
この場合、家1軒の建設費が高いBのレッドの方が優位です。
AがBと競り合った場合、Aは家1軒に対して常に150ドル以上の出費を強いられます。