読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノポリーの映画の脚本家が決定

モノポリーの映画

モノポリー』映画の脚本をアンドリュー・ニコルが執筆(チケットぴあ)
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201507020003
ボードゲームモノポリー』の映画化が正式に始動(Choke Point)
http://www.choke-point.com/?p=18742
Lionsgate Teams With Hasbro For Monopoly Movie(COMICBOOK.COM)【英語】
http://comicbook.com/2015/07/01/lionsgate-teams-with-hasbro-for-monopoly-movie/
‘Monopoly’ Movie Going Forward With Lionsgate(variety.com) 【英語】
https://variety.com/2015/film/news/monopoly-movie-lionsgate-hasbro-1201532349/

 

モノポリーの映画の脚本家が『ガタカ』や『トゥルーマン・ショー』などの作品があるアンドリュー・ニコルに決定しました。また、製作会社はEmmet/Furla Filmsからライオンズゲートに変更されています。

 

下に映画化のまとめを書いてみました。第一報が出てからすでに5年以上が経過しています。

 

モノポリーの映画化のまとめ(暫定)
・2010年
4月:モノポリーの映画化が明らかにされる。この時点での製作はユニバーサル・ピクチャーズ、監督がリドリー・スコット、脚本はパメラ・ペトラー。
このときは2012年または2013年の製作開始を目指していた模様。
・2011年
8月:ユニバーサル・ピクチャーズがモノポリーの映画化を断念。今後はリドリー・スコットのプロダクションとハズブロ社による製作に。
9月:リドリー・スコットモノポリーの映画の脚本に映画『エド・ウッド』のスコット・アレクサンダーとラリー・カラゼウスキーを起用すると報じられる。
・2012年
2月:ユニバーサル・ピクチャーズがハズブロ社との契約を解除。
10月:ハズブロ社はEmmet/Furla Filmsとモノポリーを含め他2つの玩具の映画化の契約を結ぶ。リドリー・スコットはプロデューサーとして参加する。

 

・2015年
1月:Emmet/Furla Filmsのプロデューサーがインタビューで今年の夏に撮影を開始すること、監督とキャストは今年2月の初めに発表すると発言。
しかし、2月を過ぎても監督とキャストは発表されず。
7月:モノポリーの脚本がアンドリュー・ニコルに決定。製作会社はEmmet/Furla Filmsからライオンズゲートに変更。