読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンを競売にする理由

テクニック

グリーンは権利書3枚の価格・家の建設費がカラーグループの中で最も高く(※)、経営が難しいことから需要が低く競売にすることがよくあります。
競売にする理由としては、
1.他の権利書を持っているので必要ない
2.扱いづらい
3.競売で定価より安く買うため
などが挙げられます。


また、グリーンはダークブルーの手前に位置し、ダークブルーに若干止まりやすい位置でもあります。
グリーンの権利書1枚を定価で買い、さらにダークブルーの権利書を定価で買うと出費は650〜720ドルになります。
ゲーム開始時の現金1500ドルの状態から2枚買ったとして考えると残りは850〜780ドルです。
通常の状態だとこれに権利書が数枚買えているので残っている現金はさらに少なくなりますし、ダークブルーを経営する場合はこのグリーンの出費が余分となります。


なお、止まる確率を数値で示すと以下の表の通りです。
f:id:monopo:20111002144300j:image
パシフィック通り、ノースキャロライナ通りからダークブルーのいずれかの権利書に止まる可能性は約27%です。


このことから、競売にする理由には
4.ダークブルーを購入できる可能性があり、余計な出費を避けるため
ということも成り立ちます。


(※)イエロー3枚の定価・・・800ドル  グリーン3枚の定価・・・920ドル ダークブルー2枚の定価・・・750ドル
   イエローに家1軒ずつ・・・450ドル グリーンに家1軒ずつ・・・600ドル ダークブルーに家1軒ずつ・・・400ドル