読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

距離別確率表3

データ

「ボード一列を所有している場合」におけるカラーグループからの距離とそれらのうちいずれかの土地に止まる確率についての表です。
今回は「ボードの一列を独占すると強い」という俗説の検証も兼ねます。



(表をクリックすると全部の項目が見えます)
f:id:monopo:20110519203403j:image


(解説)
・ダークパープル&ライトブルー
安価で家やホテルを建設できるところから速攻志向の人に好まれる場所です。
これら2か所での止まる確率はライトブルーのみよりも若干上がるといったところです。
チャンスカードによる移動や「刑務所へ行け」でかわされてしまうことが多いのが玉に瑕です。


・ライトパープル&オレンジ
狙ってこの形にするよりも、オレンジで破産させた相手からライトパープルを揃える形になるようです。
この列を揃えると刑務所から5か所の土地でレンタル料を得られる可能性がありますが、この形よりはオレンジ&レッドの方が止まりやすいようです。
これら2か所での止まる確率はライトパープルの5マス手前までは50%を越えています。


・レッド&イエロー
どちらも単独で十分強いカラーグループですが、両方揃えたときはかなり勝ちに近づいたといっていいでしょう。
この列は止まる確率が最大61%と4つの列の中で最も高いです。
また、レッド、イエローと連続して止まる可能性もあるので相当な脅威となる場所です。


・グリーン&ダークブルー
超長期戦における最強の組み合わせですが、確率的にはダークパープル&ライトブルーよりも若干高い程度です。
狙ってこの状態にするのはまず無理なので、この列を保有しているということは大抵が相手に他の有力なカラーグループを取られてしまっている状態です。
一回のレンタル料が高額なので一挙に増築も狙えますが、別の土地に経営転換したほうがよいでしょう。