読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノポリー大会の動画を解説してみる(10・完)

局面解説 大会

前回の続きです。

(続きを読むで私の解説を見ることができます。)

(解説)
Dさんがオレンジのホテルに止まってしまい仮破産です。
不足額は400ドル強です。


EさんはDさんの鉄道を買って救済しました。
ゼロ救済で通れば楽なのですが、当然Cさんが対抗条件を出すので、Eさんが無理を押して救済する形となりました。


EさんがDさんを救済したことで、Cさんに満額のレンタル料が渡るのは今後を考えると厳しいのですが、Dさんを破産させてCさんに鉄道+グリーンの権利書が渡るのはレンタル料を支払う機会が増加することを考えると得策ではありません。


結局Dさんはレッドに止まり破産してしまいました。


グリーンを手に入れたCさんはそのままグリーンに家を2軒建てました。
家を建てた理由はEさんの鉄道を抵当に入れさせるためです。


ここでEさんが200ドルを得てしまうと後でイエローに家を建てられたり、他の鉄道の抵当を解除する可能性があるからです。

狙い通りEさんがグリーンの家1軒に止まりました。
しかし、Cさんは鉄道を抵当に入れず、家を1軒崩す方を選びました。
理由としてはイエローから離れていることや鉄道を残しておけば200ドルの収入が期待できるためです。


せんべい作戦でCさんを狙うEさんでしたが、ゾロ目でオレンジ、レッドと止まり破産しました。

このようにCさんがオレンジで逃げ切って勝利という展開になりました。
Cさんの勝因としてはオレンジを揃えた時点で他に対抗するカラーがライトブルーと鉄道しかなかったことや殴り合いに巻き込まれなかったこと、鉄道とレッドとの交換などがあると思います。


表彰式の続き