読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノポリー体験記の解説 その3(中編)

局面解説

・今回の解説
第12回モノポリー会長杯(第3戦・後半)
【2012・5・9追記】リンク先のブログのサービスが終了していましたのでリンクの部分は削除しました。


・状況
5人卓でのゲームの中盤戦。
ヤクルト氏の所有権利書はライトパープル1枚・オレンジ2枚・レッド2枚・グリーン1枚。
Aさんの所有権利書はライトパープル2枚・レッド1枚・グリーン2枚・鉄道3枚。
オレンジの3枚目はまだ売り切れていません。

現在、ヤクルト氏が売れ残っていた鉄道の4枚目を購入し、Aさんとライトパープル・レッド・グリーン・鉄道の複合ツーペー状態での交渉が行われました。

交渉の結果、ヤクルト氏がレッドとグリーン、Aさんがライトパープルと鉄道を揃えました。


・解説(グリーンの価値)
ヤクルト氏がグリーンを揃えたのは家を建てるためではなく、抵当に入れて建設資金を得るためです。
まず手持ちの現金で家を建設しておき、状況に応じてグリーンを抵当に入れればその現金で家を最大で3軒まで増築できます。
また、レッドの経営がうまくいけばグリーンの抵当を解除して家を建てることができます。


・結果
ヤクルト氏は刑務所に入ったことを機にレッドの家7軒を9軒に増築しました。
客が止まって800ドルを得た後はレッドを家12軒に増築、さらにグリーンの抵当を全て解除しました。