日本人で初めてモノポリーをプレイしたのは?

ニューヨークタイムズ

https://www.nytimes.com/ja/2019/04/29/world/asia/japan-abdication-world-war-japanese-translation.html

 

4月29日のニューヨークタイムズに皇室のエピソードの記事が掲載されていましたが、その中で上皇陛下の家庭教師を務めたヴァイニング夫人が1949年に連合軍将校の息子たちとモノポリーで遊ばせたといった内容の記述がありました。
モノポリーアメリカで一般発売されたのが1935年、日本で一般発売されたのが1965年ですので、それよりも16年以上も前に英語版のモノポリーで遊ばれていたということになります。
このことから、日本人で初めてモノポリーをプレイしたのは上皇陛下とその級友たちになるのではないでしょうか。

 

2019年2月のモノポリー界の出来事

特にありませんでしたが、日本モノポリー協会のページ(https://www.1101.com/monopoly/)でも紹介されているようにモノポリー世界チャンピオンの岡田豊氏がウェブドラマ『港区おじさん』に出演しています。
(登場は9:00頃から)

www.youtube.com

 

りゅうおうのおしごと!10巻

 

 

 将棋をテーマにしたライトノベルですが、10巻では姉弟子らとモノポリーに興じるシーンがあります。

 

この中で棋界にモノポリーを広めた棋士の記述がありますが、過去の記事(http://mpb.hatenablog.com/entry/2014/06/10/223127)でも紹介したように、現実でもそのようなことはありました。

 

また、作中で使用したボードは「大阪環状線モノポリー」と書かれており、グリーンの権利書(スタンダード版のノースキャロライナ通りに相当)には「関西将棋会館」が登場します。

 

 

モノポリーのTシャツが発売

www.uniqlo.com

2月25日よりユニクロで様々な製品とコラボレーションしたTシャツが発売されていますが、その中にモノポリーをモチーフとしたものが2つあります。

f:id:monopo:20190227000540j:plain

f:id:monopo:20190227000840j:plain

日本ではモノポリー関連の衣料品は輸入品かライセンスを受けたかどうか不明なものがほとんどでしたので、日本で正式な商品が一般発売されるのは初めてのことではないでしょうか。